業務概要

近年、ニホンジカやイノシシなどの鳥獣が急速に増加して生息分布域が拡大しています。これらの動物は獣害と呼ばれる人間と野生動物の間の軋轢を生じさせています。生態系、農林水産業、生活環境への被害が深刻化しています。捕獲に従事する狩猟者は、鳥獣の捕獲のエキスパートとして社会から大きな期待を背負っています。NSCでは、半世紀にも渡る狩猟経験を有する者たちを中心として13名のプロフェッショナルな狩猟者が所属しており、ニホンジカやイノシシの個体数調整に寄与しています。また、捕獲が困難であると言われるツキノワグマの生体捕獲経験を有するスタッフ、カモ類の追跡調査のための生体捕獲経験などが豊富です。鳥獣捕獲事業を実施する法人として、社会からのニーズに応えます。鳥獣の生息状況の調査や計画策定、モニタリング及び評価等も実施しています。確かな学術研究成果をもとにした個体数推定やハビタットマップ作成、カメラトラップ(センサーカメラ)による密度推定などお任せください。官公庁・地方自治体など行政からの受注、及び、個人(農家や林業従事者で被害を受けている方々など)からの受注を承ります。個人からの依頼による対応可能エリアは、神奈川県、群馬県、静岡県です。環境省の認定鳥獣捕獲等事業者講習会として安全管理講習、技能知識講習、及び、普通救命講習・傷病者の搬出法講習を実施しています。鳥獣捕獲・講習会実施のご相談、お待ちしています。

業務実績

狩猟実績

・静岡県の個人農家からの狩猟依頼(シカ、イノシシのわな猟による捕獲)により鳥獣捕獲作業受委託契約受注(静岡県伊東市)
・静岡県の個人農家からの狩猟依頼(シカ、イノシシの銃猟による捕獲)により鳥獣捕獲作業受委託契約受注(静岡県賀茂郡)
・群馬県の個人農家からの狩猟依頼(シカ、イノシシの銃猟による捕獲)により鳥獣捕獲作業受委託契約受注(群馬県高崎市)
・静岡県河津町にて有害鳥獣捕獲事業の一環として捕獲従事者を派遣(シカ、イノシシの銃猟・わな猟による捕獲)(シカ86頭、イノシシ42頭捕獲)
・群馬県南牧村全域(国有林を除く)にて有害鳥獣捕獲事業の一環として捕獲従事者を派遣(シカ、イノシシの銃猟・わな猟による捕獲)(シカ50頭、イノシシ10頭捕獲)

講習会開催実績

2016年10月22日(土)おとなの環境学特別講演会 第2回 「獣の反乱:獣害。科学者とハンターの対策とは?」
2016年12月3日(土) 認定鳥獣捕獲等事業者講習会(安全管理講習、技能知識講習)
2017年3月12日(日) 認定鳥獣捕獲等事業者講習会(安全管理講習、技能知識講習)
2017年3月12日(日) 傷病者の搬出法講習

自主事業

「富士北麓地域を対象とした獣害発生のメカニズム解明」(公益財団法人粟井英朗環境財団採択事業)

学術研究

学術誌
※野生動物に関わる論文のみピックアップしています
・Doko, T., Chen, W. and Higuchi, H., (2016) Development of MATCHED (Migratory Analytical Time Change Easy Detection) method for satellite-tracked migratory birds. ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, III-2, 61-68, doi: 10.5194/isprs-annals-III-2-61-2016 (peer review)
・Chen, W, Doko, T., Fujita, G., Hijikata, N., Tokita, K., Uchida, K., Konishi, K., Hiraoka, E. and Higuchi, H., (2016) Migration of Tundra Swans (Cygnus columbianus) wintering in Japan using satellite tracking: identification of the Eastern Palearctic flyway. Zoological Science, 33, No.1, pp.63-72, doi: 10.2108/zs150066 (peer review) (FUJII Award and ZOOLOGICAL SCIENCE Award 2017を2つ受賞)
・Reina Uno, Tomoko Doko, Naoki Ohnishi and Hidetoshi B. Tamate, (2015) Population genetic structure of the Asian black bear (Ursus thibetanus) within and across management units in northern Japan, Mammal Study, 40, No.4, pp.231-244, doi: 10.3106/041.040.0404 (peer review)
・土光智子, 嶋津恒彦, 田口亮太郎 (2014) "パッチ移動による死亡リスクと睡眠時間の最適戦略 (数学と生命現象の連関性の探究: 新しいモデリングの数理)" RIMS Kokyuroku, No.1887, 36-55
・Tomoko DOKO, and Wenbo CHEN, (2013) Biodiversity assessment with camera traps: a case study of monitoring mammals at Mt. Fuji, central Japan, Journal of Environmental Information Science, 27, pp.21-26 (peer review)
・Doko T., and Chen W., (2013) The geographical distribution and habitat use of Japanese serow (Naemorhedus crispus) in the Fuji-Tanzawa region, Japan, Journal of Environmental Information Science, 41, No.5, pp.53-62 (peer review)
・土光智子, 金治 佑, 村瀬 弘人, 佐々木 裕子, 望月 翔太, (2013) "ハビタット解析って何?ハビタットモデルを用いた分布域推定の最新手法", 哺乳類科学 53 (1), pp.197-199
・Doko T., Chen W. and Ichinose T., (2011) Applicability of a predictive distributional model for the distribution of the Asiatic black bear (Ursus thibetanus japonicus) to a local population in the Tanzawa region of Japan, Journal of Environmental Information Science, 25, pp.215-220 (peer review)
・Doko T., H. Fukui, A. Kooiman, A.G.Toxopeus, T. Ichinose, W. Chen, and A.K. Skidmore, (2011) Identifying habitat patches and potential ecological corridors for remnant Asiatic black bear (Ursus thibetanus japonicus) populations in Japan, Ecological Modelling, 222, No.3, pp.748-761, doi:10.1016/j.ecolmodel.2010.11.005 (peer review)
・土光智子, 福井弘道, 大澤啓志, 一ノ瀬友博, (2009) ロジスティック回帰モデルを用いた環境指標によるツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)の生息確率予測モデル, 環境情報科学論文集, 23, pp.107-112 (peer review)
・Doko T., (2009) Web-based GIS development as a policy making support system for conserving biodiversity: Case study in Fuji-Tanzawa region, Japan, The 33rd International Symposium on Remote Sensing of Environment, International Society of Photogrammetry, Volume I & II, pp.344-347 (ISBN: 978-0-932913-13-5) (peer review)
・Doko T. and Fukui H. (2009) Geospatial Approaches Towards Biodiversity Conservation-Case study in Fuji-Tanzawa regions in Japan, KEIO SFC JOURNAL, 9 (1) pp.7-20
・Doko, T., (2008) Testing Accuracy Of Gps Using Satellite-Tracking System For Collared Animals, 慶應義塾大学湘南藤沢学会・第6回研究発表大会抄録集(2008年度) 6, pp.21-24. (優秀論文賞を受賞)
・土光智子, (2008) 「ツキノワグマの生体捕獲調査方法と衛星追跡システム」, 環境情報科学, 37 (4), pp.124-125 ・Doko T., A. Kooiman, and A.G.Toxopeus, (2008) Modeling Of Species Geographic Distribution For Assessing Present Needs For The Ecological Networks, The International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, 37, pp. 267-276 (peer review)
・土光智子, (2008)「ニホンカモシカの生息地域予測モデルと地理的分布」, 環境情報科学, 36 (4), pp. 124-125 (事務局長賞受賞)

書籍
・土光智子, "第4部 第9章 神様でない人間がする野生動物の頭数管理、自然再生", ザ・環境学: 緑の頭のつくり方(小林光編, 勁草書房)(2014)(分担執筆)
・Doko T. and Chen W., Ecological Networks for Biodiversity Conservation: Theory and Practice, Biodiversity Conservation: New Research, Richard L. Nelson & John F. Carter (Eds.), Hauppauge, N.Y.: Nova Science Publishers, Inc., 2012, pp.1-26 (ISBN: 978-1-62081-147-4) (partial contribution)
・Doko T., Modeling Asiatic black bear's geographic distribution, Michael Law (Eds.), 『2008 ESRI Map Book, Vol.23』, ESRI Press. (ISBN: 978-1589481930) (partial contribution)

資格・認定

1. 各種認定

・科学研究費補助金取扱規定に規定する研究機関指定
・府省共通研究開発管理システム(e-Rad)の研究機関登録
・全省庁統一資格取得
・かながわ電子入札共同システム競争入札参加資格者認定

2. 技術者

・博士:3名
・第一種銃猟狩猟免許所持者:12名
・わな猟狩猟免許所持者:7名
・銃砲所持許可者:10名(ライフル銃、散弾銃)
・環境省指定安全管理講習修了者:15名
・環境省指定技能知識講習修了者:15名
・普通救命講習修了者:8名
・上級救命講習修了者:2名
・上級救命講習のうち搬出法修了者:9名
・救急法救急要員認定者:1名

3. 受賞・表彰

・「哺乳類の生息地解析と予測分布モデルを通じた生物多様性保全に関する一連の研究」に関して、第14回環境情報科学センター賞 学術論文奨励賞を受賞(2014年5月)
・「Migration of Tundra Swans(Cygnus columbianus)Wintering in Japan Using Satellite Tracking: Identification of the Eastern Palearctic Flyway」の論文に関して、日本動物学会からZOOLOGICAL SCIENCE Award 2017を受賞(2017年9月)

ご連絡 050-6872-4118

ご相談・ご依頼お待ちしています。



住所:〒231-0032 横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル3階302号 ㈱Nature & Science Consulting
電話: 050-6872-4118
FAX: 045-550-4951
Email: infonature-science-consulting.co.jp